FC2ブログ

なんか変だぞRAMとROMの意味。

ケータイ
09 /29 2019
最近スマートフォン再デビューしたばかりですがPCを使い始めて丁度30年が経ったところですがPC漬けの頭ではスマートフォンのRAMとROMの意味がどうしても理解できないでいます。

また、電機、電子関係のモノ造りが好きだったのでPCに携わる以前からRAMとROMの意味を理解していました、そんなわけでとても困惑しているのです。

RAMは「Randam Access Memory」ROMは「Read Only Memory」の頭文字であることは知っている人も多いでしょう、RAMはPCのそれと同じ意味ですが問題はROM。

これ、「読み出し専用メモリー」のことのはず、書き込みはできないのですよ、意味としては。

ところが携帯電話、スマートフォンに於いてはハードディスク(HDD)やソリッド・ステート・ディスク(SSD)と同義での扱い方ばかりです、誰が何をきっかけにこんな馬鹿なことが蔓延したのでしょう。

こんな国は世界広しといえどここ日本だけです、ただしiPhoneは「容量」と表記しているようです。

EEPROMが本来の正式な名称です、これが言いにくいので「ROM」にした?

弱電の世界ではイー・イー・ピー・ロムまたはイー・2・ピー・ロムという呼称で言われています、今もそうかは知りません。

ROMに書き込んだ情報は電気的に隔絶された状態で記憶を保持できますが対してRAMは電源から切り離された瞬間に内容がクリアされます。

初期のROMは書き込みや消去に数十分かかりました、また消去する場合は紫外線を当てる必要があったので専用の機械も必要でした、それがどちらの作業も電気の力だけでできるようにしたのがEEPROMです、日本人が作りました。

読み出し専用ではないのだから「ROM」は絶対におかしいのです、「RAM」という呼称だと本来のそれと分けるのがなお難しくなるのでフラッシュメモリーと呼ぶべきでしょう。

携帯電話の件。

ケータイ
04 /09 2019
天気:晴れ

土曜日から携帯電話の電源を入れていません、普通の携帯電話なのにバッテリの減りがやたら早くなってきました、諸々の要因でPHSとは大違い、ほぼ一週間も持ったPHSが懐かしいです、WindowsCEが入ったいわゆるスマートフォンも持っていましたがこれでさえ5日は持ちました。

今年になって異常に持ちが悪くなってきたのです、今年の8月は2年縛りが解ける月、それまでは使い続けなくてはなりません、この期に及んで機種を換えるバカはしません。

現在使っている携帯電話の電波は3G、後3年で停波になります、というわけで機種変更すれば自ずと4Gのスマートフォンになるわけです。

よく考えてみると携帯電話を持っていてよかったと思ったことが殆どないのです、かけることもないしもちろんかかってくることも非常に稀、8月にAUを解約するつもりでいます、またMNPを運用してまで次のキャリアなんてよく考えれば愚か。

タイミングとかもいろいろ考えなければならず、また3,500円もかかるんだとか、一旦ご破算で初めて携帯電話を持つという考え方でいいのではないか、その方がワクワクドキドキ、、、はしないか。

楽天モバイルを考えてますが10月に楽天の新キャリアがスタートします、それの様子をしばらく見てからでもいいんじゃないかと、ということはその間は携帯電話を持たないかも。

便利になりました。

ケータイ
04 /08 2015
携帯電話のメール、老眼にとって本当に辛いのです、それにメールソフト自体の入力した言葉の変換のしづらさもあってこれは長文になるかなと思うとPCのWebメールを使ったりPCで下書きを自分の携帯に送り本文のみを本来の宛先に転送したりと・・・。

ところが今日auでもIE等のブラウザ上で携帯のアドレスで送受信できることがわかりました、この機能は以前から望んでいてauも作っている最中らしかったのですが「できた」という案内も何もなく全然知りませんでした。

これでPC上で普段愛用のエディタで入力ができ、今までとは比較にならないほど携帯メールが楽になりそうです、尤も家に居る時だけのメリット享受ですが。

でももう一歩踏み込んで「Windows Live Mail」で出来ないかと調べてみましたが「au one net」契約者での接続方法しか分かりませんでした、只今auのサポートに「わかんねえから教えろ」と質問中です。

それはともかくスマートフォンの時はまだ楽だったのですが携帯電話のメールの入力ってなぜにああもやりにくいのでしょう、通常の日本語を打っていて途中に「ウォーク」というような「ー」が入るカタカナ語を入力するときは・・・。

こんな時は助走をつけて誰も取りに行けない彼方に放り投げたい心境に駆られます、なにかよい方法があるのでしょうけど私には分かりません、それにそんな方法があったとしても使う人がまるで気が付かなければその機能は「ない」と同じことなのです。

QRコード

ケータイ
12 /25 2014
QRコードをあちこちで目にします、確かにこれはとても便利です、携帯電話やスマート・フォンでネットワークのURLを一文字ずつ入力するのは特に我々世代にとって苦痛以外の何物でもありません。

でもこんな便利な物があるのなら使わない手はありません、というわけで作りました、そしてそれを携帯でのメール送信の時の署名に設定しました、この作業がかなりの難物でした、何をどうやったんだか全く反芻できませんがなんとか力ずくでQRコード付きの署名を作りました。

出来上がった署名を眺めながら悦に入っていたらあることに気が付きました。

「これ、もらってどうすんだ?ケータイでメール見てんのにケータイ用のQRコードが付いて来たって・・・、もう一台ケータイかスマホが必要になる・・・」

と、まあがっくり膝折れした気分ですがPCに送った場合はそうでもないかも、でもPCならPCで見たほうが見やすいに決まっています、そうなるとメールの署名としてQRコードを埋め込むことにはあまり意味が無いのでしょうか?

そうそう、年賀状とかに印刷すると良いかもしれません、次回の年賀状はやってみようかな?

今浦島?

ケータイ
06 /12 2014
今から14年前のことです、それまでずっと自動車で通勤をしていましたがある事情で電車通勤を始めました、最初の日の帰りに在来線に乗り換えるために隣のホームに行きました、そうしたら異様な光景を目にしました。

皆が皆、携帯電を見ているのです!それまで10数年間電車で通勤することは殆どなかったのでこの光景を見て本当にゾッとしたことを覚えています、携帯電話契約者がものすごい勢いで増えていることは知っていましたが正直これほどとはと思ったのです。

正に猫も杓子も、どいつもこいつも、・・です、携帯電話を見ていない人のほうが少ないのです、今では見慣れた光景ですね、電車の中では8割から9割の人が携帯電話に「夢中」です。

でも私は絶対に見ません、何故かどこへ行っても携帯電話に現を抜かすことが悲しく思えるのです、着信があるとき以外何かをしながらということはありません、せいぜい時刻を知りたいときに見るだけです。

私は1997年からPHSを使っていました、固定電話と遜色のない通話品質とタイムラグのない会話、これはそれ以外の携帯電話では絶対にできません、毎月の料金も格安、バッテリ持ちが一週間という携帯電話では有り得ないことです。

ではなぜ携帯電話にしたかというと新しいもの好き、ただそれだけです、2011年にスマートフォンにしました、今は普通の携帯電話にしましたがPHSの方が良かったと深く深く後悔しています。

地デジ放送がちゃんと映ります。

ケータイ
05 /27 2014
最前まで使っていたスマートフォン、地デジ放送を観ることが出来たのですがそのためにはある儀式が必要でした、それには充電用のMICRO USB端子にイヤフォンを繋ぐためのアダプタを差し込まなければならなかったのです、長さはほんの数センチ、実はこれがアンテナになっています、そこそこ観ることは出来ました。

数年前まだ地デジが一般的とはいえない頃「ちょいテレ」というおもちゃを買いました、本体付属のアンテナではまず映らなくて別にちょっと大げさなアンテナも付いていました、これを使うと普通のTVで観られるチャンネルのいくつかの曲は観ることが出来ました、ただし雨戸を閉めるとほぼ全滅でした。

このたび買った携帯にもお約束の地デジチューナーは付いています、どーれとばかり捜査をするとこれが見事に映るんですね、高いところに引越したせいもあるのかもしれませんが窓から一番遠く壁を隔てた部屋でも綺麗に映ります、驚きました、性能はどんどん良くなっています。

で、でも画面が小さすぎて正直あまりありがたく感じません、その分価格を安くして欲しかったと思っています。

アドレス帳に追加したいのだけど・・・

ケータイ
05 /18 2014
携帯電話のアドレス帳に一件ずつ登録するのは私のような老眼にはとても辛い作業です、もちろん既存のものは機種交換のときに済んでいますがそれとは別にかなりの件数を登録する必要が生じました。

一括で読み込むには携帯電話のアドレス帳の書式をまず調べなければなりません、そのために携帯電話のアドレス帳を一度書き出してみました、「vCard」というフォーマットがどうやらこの世界の標準のようです。

拡張子は「.vcf」です、これをOutlook2007で読み込んでみました、簡単に読み込んでくれました、これは便利です、がしかしたったの一件分しか読み込まれていません、何度やっても同じです、そこでいろいろ調べてようやくわかったこと、それは携帯電話で吐き出したvCardファイルはひとつのファイルに「BEGIN-END」で一件ずつのデータを行を重ねているのです。

エクセルやアクセスで見慣れたいわゆる「データ」のフォーマットではなかったのです、つまり一件ごとに「.vcf」ファイルを作らないとoutlookでは読み込めないのです、Windows Live Mailでも状況は同じ、ところがWindowsアドレス帳は一件ずつ読み込んでくれます。

どうやったかというと「.vcf」ファイルをマウスの右クリックで「プログラムから開く」-「Windows アドレス帳」を選択したら一件目を表示しました、それを閉じると2件目、それを閉じると3件目・・・延々とこれの繰り返しです、102件ありました。

でもやりたいことはこれから読み込むにはどうすればよいかということなのです、で、どうしたかというと・・・頓挫です、でもvCardの実態はテキストファイルなのでそのフォーマットに準じたものを作ればよいことになります、これはExcel VBAでできそうな気がします、でもかなり面倒な気がします、最近何をするにも億劫で・・・実はこれ、危険なことらしいですね、頭を使わなくなるのは。

それにしても似たようなことをするときいつも思うのですが互いの機器やアプリケーションのことをまるで配慮せずそれぞれが勝手に「標準化」しているということです、ユーザーにしてみればPCであれ携帯電話であれ「アドレス帳、連絡帳」は一元化したイメージなのです、機器やアプリケーションの相違など与り知らないしその必要があってはいけないことなのです、単純にどの土俵でもアドレス帳はアドレス帳なのです、その取り扱いに計り知れない労力と時間を強いられるのは我慢なりません。

数件の登録なら面倒とは思いつつもそれほどの労力はかかりませんが数十件、数百件となれば・・・、ITに長年接している私でも途方にくれてしまいます、それようのツールがあるにはありますが一般の人、特にお年寄りやITに疎い方にとってはなす術がまったくないのです。

VBAを作ろうか、でもそれをしている時間で手動で登録ができてしまうかもとも思うので・・・・。

携帯電話を機種変更しました!

ケータイ
05 /13 2014
無職無収入の身にとって毎月8,000円前後の出費は辛いもの、一年で96,000円になります。

8,000円で外食がどれだけできるでしょう、毎月2回飲みに行っても私の場合は8,000円でお釣りが来ます。

身の丈を考えて分相応にしたのが良いだろうと言うわけです。

Webへのアクセスは99%がPC,話の種にとスマート・フォンに食いついたまでは良かったのですが文字の小ささに辟易しました、拡大鏡か老眼鏡がなければ満足に使うことができなかったのです。

それにいわゆるアプリなんてあまり使わないからほとんど入れてないですが反応がとにかくのろいのが困りものです、それでいて裏に回ってこそこそとデータをやり取りしているというのが気に入りません、そんなことより意のままに動いてほしいと思っていました。

ここで納得行かないことが・・、それはそれまで使っていたスマートフォンや携帯電話のEメールのバックアップについてですがバックアップ自体はできるのですがそれを新しい機器の受信ボックスに取り込むことができないという事実です。

ITがこれほど進んだ現代においてこの体たらくなんですね、大切などうしても消すことをためらうメールを保存している人も多いでしょう、PCで扱うメールソフトはちゃんとそれができます、これは手抜きですね。

バックアップする形式も「.vmg,.eml」形式でできるのがその証拠、前者は携帯用のメールソフトで扱う形式、後者はPCで扱う形式です。

さてどうしたものでしょう・・・。

PS,
と思いつつもあきらめきれずに闘っていたらいつの間にかできていました!どうやったのかはなんとなくは分かりますがここに書けません、あしからず、闘いすぎてむか~しのメールに返信してしまいました、よってすぐお詫びのメールを出さねばと焦り、これまた違う人にこれもむか~しのメールに同じくヘンシーン!

ちゃんとお詫びメールを送ることができたのが20分後でした。

遠隔ロック

ケータイ
11 /21 2013
使っているスマートフォンは「遠隔ロック」に対応しています、キャリアを通さず直接設定ができます、そのことは知っていたのですがもし解除できなくなったらと思って怖くてその機能を使っていなかったのです。

でも、そこそこ大事なデータも入っているのでそうも言ってられないだろうと昨日設定しようとしたらすでに解除できる電話番号が登録されているのです、自分でやった記憶はないので購入時にショップでやってくれたのかもしれません。

登録できる件数は3件で登録番号は公衆電話、嫁、娘の3件が登録されています、公衆電話の代わりに自宅の番号を登録して実験。

でもロックされない、怪訝に思ってもしやと思い着信記録を見るとやっぱり!「050…」になっていました、IP電話の番号だ、そこでIP電話番号に登録を変えて実験、成功しました。

でもよーく考えてみました、それは・・・ふだん家に居ることが多い嫁と娘、ロックをかけるには家まで戻って来なければならないのです、出先から彼女らに公衆電話で電話して頼むならば公衆電話直接でいいはず、そこで設定を自宅の電話から公衆電話に戻しました。

スマートフォンのバイブレーター

ケータイ
03 /25 2013
最近スマートフォンのバイブレーターがおとなしいです、こんな記事が出ていましたが私もそう思います、着信があっても場所によっては全く気付かないことがあるのです。

初めて手にしたのはPHS、1997年でした、この頃のものはどれもものすごい振動がしたものです、嫁や娘に言わせると自転車漕いでて買い物籠に入れてあるPHSの振動がはっきり分かったと言います、テーブルに置いておけば勝手に移動するほど凄かったのです。

私はズボンの前ポケットにいつも入れています、だから腿にいつも触った状態、でもメール着信などはバイブレーションの時間がとても短いから振動が小さいと全然気が付かないのです、事実このところクラスメートとメールのやり取りが頻繁だったのに一度も気が付きませんでした、定期的にポケットから出して確認する必要さえあったのです、これ、ちと困るんです。

のんち

元カー・メカニック
Microsoft Office Master
最近、夜寝るときJAZZを聴きながら寝るのが好き。
ネコを飼いたい。
涙もろい、子供大好き、なぜかよく子供にジロジロ見られる。
落語家には2種類いる、古今亭志ん朝とそれ以外だ。
TV、特に地上波の民放は自分が馬鹿になりそうなので観ない。
もっと目方を増やしたい、人の価値は目方と声のでかさで決まる。
「恩は水に流し恨みは石に刻め」