FC2ブログ

楽な仕事?

ノーテンキ
08 /11 2015
W杯準優勝のなでしこに張本氏が苦言「5点はコールドゲームと一緒」

こんな記事を思い出しました。

「スポーツは2番じゃ意味がない」
「5点はコールドゲームと一緒」

結果だけを評してこんなことを言っていました、技術面に関することは全く触れていません、素人だからです、でも野球では解説者として食べているので芸人にたまに居ますけど伊集院某とか土田某とかガダル○○○・○○みたいにまとめようと何かで括るような言い方ですね。

「2番じゃ意味がない」といった舌の根が乾かないうちに1998フランスW杯の岡田監督の采配をとても褒めています、信念を貫いたと、しかしこの時の結果は全敗でした、でも私は岡田監督を責めるつもりなど毛頭ありません、その時点ではそれがベストだと判断したからに違いないからです。

こうも言っています「過去の実績は何のプラスにもならない」と、全く分かっていないんですねえ、確固たる基本が出来ていて、技術があって、体力があって、プラスそれ以上のもの、それはメンタルと実績(経験値)があって初めて世界と互角に渡り合えるのです、私のような素人でさえ分かることが分からないなんて・・・。

2番じゃ意味がない、確かに日本の野球はWBCで2度優勝しています、それは凄いことです、ですが世界から見たら野球はどちらかというとマイナーな競技です、北米、中南米、アジア、そしてヨーロッパのごく一部です、サッカーのそれとは比較になりません、その中での2番です。

結果のすべてを監督は負う立場にあります、その立場で戦うのならば確率的にもより勝てる布陣を敷くのは当たり前です、信念だとか男気だとかそんなものじゃないんですよ、そんなものは精神論だけで育って生きた昔の人間の発想ですよ。

さて今回東アジア杯で既報のような結果に終わりました、氏の言う若手を使った結果です、これを氏はどう評価するのでしょう?聞いてみたいものですね、先ほどの論拠ならば佐々木監督を褒めちぎるでしょう、無責任に。

WBCも若手主体でやりますか?

それとも掌を返したように全く逆の論拠を引っ張り出すのでしょうか?

楽な仕事ですねえ、放言してお金貰えるんですから。

それから「5点はコールドゲームと一緒」ってあなた、2点取ってますが、それでもコールドゲーム?3点差でコールド・ゲームになる競技って何?野球だって5点差じゃ雨でも降らない限りコールド・ゲームにはならないんじゃ?解説者ってあなた何の解説してるんですか?

退職金の話。

ノーテンキ
10 /28 2013
最近しっかりと午睡を取ることが多くなりました、いつものように今日も布団にもぐりこんだらほどなく嫁が階段を上がってくる音が聞こえ唐突に「お父さん、退職金の手続きって住民票とかがいるんじゃないの?」と言うのです。

「社長に自分の方からの手続きはほかにあるか?って訊いたけど何もないって言ってたよ」とだけ言ってすぐ寝てしまいました。

目が覚めて嫁の言ったことが気になったので調べてみたらどうやら嫁が言ったことは本当のようです。

事業主->中退共->事業主->退職者本人->中退共

こんな流れで書類が回ってくるらしいのです、ああ面ーーーーーーー倒くさい、そこんとこどうにかならんのでしょうか。

社長が必要な手続きはないと言ったのは確かに間違ってはいない、「会社に対して」という意味では、おそらくその意味だったのでしょう、そんな性格ですから。

ちょっとはやる気になったのか?

ノーテンキ
07 /04 2013
昨日、いきなり社長がすでに提出済みの引き継ぎ業務明細を手にやって来てやり方を教えろと言いはじめました、「社長が?」と問うと取り敢えずやると言うので実地に教えました、今日もです。

この明細を手渡すときに「誰にやってもらおうか?」と問われたのですが「私の口から誰とは言えません。」と言ってあったので仕方なくということなのでしょう、優柔不断極まれりです、責任ある立場の人間がやらなければならない業務なのです、ほかにそんな人間はいないでしょうに。

明日は一人でやってみると言ってたがひょっとして上手くいかなくて電話でも来るんじゃないかとひやひやしていました。

現場不在の発想

ノーテンキ
06 /28 2013
6月24,25日と店番をやっていたので倉庫の連中と接点がなく9月3日が最後の出勤日ということを部下に伝えられないでいましたが25日の帰り間際に若い方の部下に簡単に伝えたところ9月5日は健康診断だといいます、それと年嵩の方の部下は9月10日だと言うのです。

6月26,27日は休暇を採っていたので6月28日に改めてちゃんと伝えようとしたら休暇中に倉庫に降りてきて社長が「派遣でも雇おうか」と言っていたと言うのです、なんとなく予感はあったのですが倉庫の彼らが一番心配しているのが休みを取れないということなのです、派遣社員をスポットで宛てがって済ませられる仕事内容ではもちろんありません、しかし頭数だけ何とかすれば済むと思っているらしいのです。

2月にパートの経理が辞めたあと、その仕事を我々に振って私を大いに怒らせましたが、その轍をまた踏もうというのです、正社員を補充する意図が全くなくただひたすら経費を削ることだけに腐心しているようです、人が減るということは体の筋肉が減るのと同じ事で物理的に会社の体力を自ら削いでいくことにほかならないのです。

鳩山さん

ノーテンキ
09 /26 2012
鳩山元総理 中国訪問を見送り、こんな記事がありました、さすがにこの時期はだめかなと悟ったらしいですが「一応なんかやってるよ、ぐらいのことは見せておかないと」としか思えないのです、パフォーマンスでしょう。

鳩山元総理の名前が出るとどうしても職場の社長とオーバーラップするのです世間知らずなのにトップに立ってしまったところが同じで既知のごとくどうしようもない結果だけを残して「やーめた」とばかりに辞めちゃいました。

でも職場の社長は相変わらず元気で日がな一日何もしないで会社にいます、経理室と社長室とトイレを行ったり来たりしているだけです、経理室でよくPCと向かい合っているのは見るのですがPCで社長がやるような仕事なんてあるのでしょうか?

ひと月実働20日ほどあるとして恐らく18日以上は社内にいるのです、うつぼや穴熊みたいに自分がいるところの出入り口周辺の世間しか知りません、そんなの世間とは言わないですけど。

土光敏夫(第4代経団連会長)、40代半ば以上のサラリーマンなら恐らくこの人の名前を聞いたことがない人はまずいないでしょう、この人ほどではないにしろ社長といわれる立場の人はこの人の逸話を参考にしても損はないと思います。

・現場を見ようとしない、声を聞こうとしない。
・人伝に得た情報を鵜呑みにし、自ら検証しようとしない。
・建設的な意見であってもそれを意見されたと取る、当然い
 ろいろな意見を取り上げようとする土壌を作ろうとしない。
・社員が辞めても代わりはいくらでもいると思っているが代
 わりの人材はなかなかいないということを理解しない。
・この不景気に数百万もする高級車に乗っている。
・二代目、三代目である。

だめな経営者というのを検索してみるとこんな記述が散見されますがこれうちの職場の社長にすべて当てはまるのです。

職場に一日居て何をしているか細かいことは分からないですがたまに新しいPCに環境移行なんかをしてたり(これは私がやり方を教えました)メモリを増設したりハード・ディスクを取り替えたりしています、これ、超ヒマなオタクがやることじゃないでしょうか。

この職場、あと何年持つのでしょう?まあ、自分が居なくなるまでは持つと思うのですけど。

プリンタが消えた!

ノーテンキ
04 /10 2012
先週いつも注文書を出すのに使っている職場のプリンタのトナーがなくなりました、例によって暇な営業と社長は手配していません、すかさず窓際にあるサブプリンタにポートを切り替えました。

もう出る頃と窓際に目をやると・・、ない、ないのですよ、プリンタが・・。

えーーーーっ?そんなのありかあ?

と、とにかく後2分で注文書が出るのです、何とかせねばと頭をめぐらせて「そうだ、あそこにあった」と閃いたのが社長とその姉さんがほぼ専用に使っているプリンタが電算機室にあるのを思い出しあわててポートをそっちに再設定して無事注文書の印刷に間に合いました。

窓際のプリンタはどこに行ったのかと思いきや捨てちゃったらしいのです、誰もそのことを知りません、各々のPCの設定は残したままで。

決算を目前に什器やら備品やら不用品を処分したようですがまだみんなが使っているプリンタもその仲間に入れられたらしいのです、まだ使ってるんですよ、愚か者め、なんか一言あってしかるべきでしょう?

会社に来てもなぁ~んにもすることがなくただ自分のケツで椅子を暖めているだけの経営者が考えたりやる事と言ったらこんな現場不在の愚行ばかりです、3人姉弟の末っ子で初めての男子、甘やかし放題育てられたのでしょう、その結果やることはこんなことばかり、なんかつける薬はないのでしょうか?ボチボチ還暦だというのに。

これからは「役人」と呼ぶことにする。

ノーテンキ
03 /27 2012
この月曜日、例によって、と言うには余りにも情けないことですがこのブログで「シロ」と私が呼んでいる役員がいますがこの日の掃除当番はその「シロ」でした。

職場が開かない、実はこれは予想していたのでウォーキングの後駐車場の私の車の中で時間を潰していました、8時ごろにインフォバから職場のフリーコールにかけてみますがしばらく鳴らしていても誰も出ません、まだ開いてないわけです。

金曜日の帰りがけ職場の鍵がまだキーホルダーに掛かっていたのでこのことを予想していたのです、案の定です、そんなわけだから仮に本人が出社しても鍵を持って帰っていないのだから開くわけがなく社長を待つことになるはずだと踏んでいましたがやはりそのようで8時10分ごろにフリーコールしたら誰かが出たのですぐ切りました、職場の鍵がやっと開いたようです。

職場に着いたらすでに10人以上が出社していました、着替えて自分の席に着き朝食のサンドイッチを頬張ります、8時30分ごろに当の本人が出社、タイムカードを押した直後目の前の掃除当番表を見たのだろう「あれっ、今日俺だ、忘れちゃったよー」と言いながら大きな声で「みなさんすんません」だと、全員無言。

ここまで度重なると自分も大人になったのかな、腹も立ちません、ただ呆れるばかりですがもちろん許すつもりなど毛頭ないので自分のふたつ隣の席に着くまでずーーーーーっと睨み付けていました。

程なく倉庫の若いのが出社してきて私が倉庫に居なかったので挨拶をしに自分のところに来ました、「今、朝ごはん食べたところ、これから倉庫に行くところだよ、朝、会社が開いてなかったんだよ」と当然の如く皆に聞こえるように言ったのは言うまでもありません。

役に立つから「役員」と言うのです、それじゃ役に立たないのはなんていうか?その答えは「や・く・に・ん」、そうだこれからは「役人」と呼ぶことにします。

わけのわからんことを言うな!

ノーテンキ
02 /14 2012
最前の書き込みの営業、客や仕入先に平気で嘘をつくのです。

これは聞いた話ですが、倉庫でなにやらやっていた件の営業に外線が入り倉庫の電話の内線で呼ばれその電話に出ました、そして話の途中でこんなことを言ったらしい。

「今、外から電話かけてんだよー」

   ?

   ?

   ?

その電話、職場に居るあんたにかかってきた電話じゃなかったですか?

マナーモードは時によるぞ

ノーテンキ
09 /29 2011
2週間ほど前こんなことがありました。

あることを確認したくて職場から携帯で嫁に電話しました、でもいくらコールしても電話に出ない・・・・。

そして仕事が終わって帰宅、

「ただいま~」

「おとーさん、昼間電話したでしょ、なんか用だった?」
 ・
 ・
 ・
「あのなあ、自分で確認できないから電話したんだぞ、帰ってきたら自分でやるわ、愚か者!」
「やっぱり家ではマナーモードにしておかないのがいいね!」
「当たり前だ!」

その前はハンズフリーで車の中から電話したら案の定通じなかったのです、そして家に帰って自分のインフォバを見るとCメールが届いていて「なんか用ですか?」、運転中にメールなんか見られますか!

せっかく通話料の高い携帯に替えたけど家族割で只で話せるから掛けているのに、本当に重要な用事だったらこんなとき仕方なく固定電話に掛けることになるんでしょうね、多分。

のんち

元カー・メカニック
Microsoft Office Master
最近、夜寝るときJAZZを聴きながら寝るのが好き。
ネコを飼いたい。
涙もろい、子供大好き、なぜかよく子供にジロジロ見られる。
落語家には2種類いる、古今亭志ん朝とそれ以外だ。
TV、特に地上波の民放は自分が馬鹿になりそうなので観ない。
もっと目方を増やしたい、人の価値は目方と声のでかさで決まる。
「恩は水に流し恨みは石に刻め」