FC2ブログ

体重が・・。

健康
02 /18 2020
天気:晴れ

目方がほんの少しずつですが増えてきています。

この2,3年体重漸減に悩み続けていたのです、うれしいですね。

大嫌いだった肉も率先して食べるようにしています、すると不思議なもので食べられるようになるんですね、見ることさえ嫌で仕方がなかったのに、体が欲しがっていたというのもあるのでしょうか。

野菜から先に食べるというのが痩せることに繋がると巷ではそれだけが独り歩きしている感じでしたね、その理由として野菜を先に食べると食物繊維が糖質の急激な吸収を抑えてくれる、というものでした。

でもこういう話を聞いても私は「なぜ?」という感じでいたのです、まるで食物繊維は「糖質だけを吸収を抑制する」と聞こえたからです、いくら素人の私でも食物繊維にそんな糖質だけをより分けて吸収を抑制するなんておかしい。

すべての栄養の吸収を妨げるんじゃないの?これなら分かるのです、ということは野菜を先に食べると必要な栄養までも効率的に摂れないということになります。

逆に考えれば取りたい栄養を含んだ食材を最初に食べればいいということになります。

つまり痩せたい人も太りたい人も最初にタンパク質を摂ればよいという結論に達しました、最初に肉や大豆製品をたくさん食べるのです、すると率先して体の肉に直結します。

すると痩せている人は体重が増え、太っている人は、、太っている人のほぼすべては脂肪太り、だからやはりタンパク質をたくさん摂って筋肉をつければよいのです、すると基礎代謝が上がり何もしなくても脂肪が燃えます。

ところで私は毎日200mlの豆乳を飲んでいます、チョコレートを食べながら、このチョコレートなどの甘いものがとても重要だそうです、特に運動後30分以内にこうするとインスリンが筋肉への経路を開いてたんぱく質を効率的に筋肉へ取り込むのだそうです、この30分間をゴールデンタイムと言うそうです。

ちなみにプロテインは甘いそうですね、理に適っているのです。

また、筋肉は保水力がすごいのだそうです、筋肉の60%は水分とのこと、よって筋肉質の人は熱中症になりにくいとのこと、お年寄りが小まめに水分補給しても熱中症になるのは筋肉がないのでみんな汗とか尿になって外に出てしまうからです。

でもねえ。

健康
02 /07 2020
天気:晴れ

すぐ前に書いた記事のリンクを読んだ後、少し釈然としないモヤモヤするものが残っていたのでなんだろうと考えました。

それぞれが血圧はあまり気にするな、あるいはコレステロールは気にするなという内容なのですが・・。

実は実兄が20年ほど前に脳梗塞で倒れているのです、まだ40代でした、以前から血圧は高めだったようです、だから血圧はあまり気にするなと言ってもねえ、説得力にやや欠けるんですよ。

それに大の肉嫌いです、コロッケを解剖して中に紛れているひき肉の小さな欠片さえ取り除くという徹底ぶり、体が受け付けないのではなく見ることさえ嫌だという、おそらく幼いころに何かを経験したのでしょう。

そんなわけでコレステロール値が高すぎるということでもないのです。

また、私の現役時代の同僚が二人ほど心筋梗塞で他界しています、ふたりとも50を超えても独身でした、そしてどちらも大酒飲み。

それと私の同級生の弟も同様に他界しています、こちらも独身のまま、そして大の肉好き。

このように実際に高コレステロール値や高血圧が原因と思われる疾患で倒れている事実を身近な人間の例として知っているのです。

毎年受けている人間ドックの基準値が厳しすぎるのは行き過ぎにしてもむげに否定できないことも事実です、とは言え「あれ食うな、これ食うな」と事あるごとにTV等で言われていることをそのまま受け入れるのも何のために生きているのかという話。

「食」は生きていく中で最大の楽しみのひとつ、それを横目で見つつ暮らすのも悲しい気もします。

以前から少し気になっていたので。

健康
02 /02 2020
天気:晴れ

血圧のことです、血圧が高いことがあるのを自覚しだしたのはリタイヤ後です、それまでは全く気にしたことがありませんでした。

まず血圧を含めてそれぞれが何年もの間に何度か基準値が変わっていることです。

下記のリンク記事には興味深いことが書いてありました。

健康診断で測る血圧の値が結果に記録されるのは1年のうちのたったの数分間の値だという事実、運悪く高い値が出た場合、要再検査なんて書かれます。

毎年住んでいる自治体の人間ドックを受けていますがこれに限らずどこで受けた健康診断でも名前を呼ばれて言われるままに歩いて所定の場所に着いて座った瞬間に計り始めます、例外なくです。

素人が考えても絶対おかしいのです、2番目のリンクの3ページ目を見れば分かるように必ず何分か安静にした後に計るべきなのです。

そして我々医療素人の混乱に拍車をかけているのが「日本人間ドック学会」と「日本高血圧学会」それぞれの基準値の違い、つまりダブルスタンダードです。

ですが3番目のリンク記事を読んでようやく合点がいくようになりました、前者の基準値は健康な人たちのもの、後者はすでに高血圧症や糖尿病、高脂血症の治療中の人やすでに動脈硬化による病気になっている人たちの基準値なのです。

でもここで大いなる疑問がまた出てきました、地元の自治体で行っているのは「人間ドック」、しかし健診結果一覧の基準値はなんと「日本高血圧学会」のものなのです!

日常的に通院している人たちはおそらく健康診断は受けないと思います、そんな人たちに対する基準値はこれでよいのですが健康な人が対象の「人間ドック」の基準値が「日本高血圧学会」のものってどうよ。

自治体や国は医療費を抑えようという意味合いで「人間ドック」をやっているのにこの不整合を知っているのかいないのか、単なる丸投げじゃないのかな、みんな病人にされてしまうのです、住民の健康をちゃんと考えていますよというポーズなのでしょうか。

「血圧は200でもセーフ!血糖値は100でもアウト!この数値が「病気のボーダーライン」

「「高血圧」と言われても気にしなくていい理由」

「病気の話」

口テープ、その後。

健康
12 /10 2019
天気:曇り

「口テープ。」の記事を書いた頃、慣れないせいか違和感を拭えなかったのであまりやっていませんでしたが当然就寝中は口で呼吸することになっていました。

これじゃいかんと豆に口テープを貼るようにしました、するとある顕著な変化が見られるようになりました。、それは夜間に何度もトイレに通っていたのですがそれが一度で済むことが多く、先日は一度もトイレに立たない晩もありました。

素人の私なりにその理由を考えてみました、答えは簡単、口呼吸をしなくなったので喉が渇かなくなっただけなのではないかと思います、今まで毎晩ペットボトル半分ほどを飲んでいたのですからそりゃ・・・。

Webを徘徊してみると夜間頻尿について怖いことばかりが目に入るので心配で仕方なかったのです。

この歳で成長期?

健康
12 /02 2019
天気:曇りのち晴れ

最近お腹が減って仕方がありません、トレーニングジムに通い始めてもうすぐ二ヶ月が経ちます。

体重も見た目も自覚できるような大きな変化はありませんが10日ほど前からとにかくおなかが減るようになってきたのです、もう一食増やしたいぐらいです。

体調はすこぶる良好、おそらく体の中でなにか変化が起き始めている気がします、もちろん良い方向の。

筋トレをはじめてひと月で見違えるようになったとか書かれているページがWeb上で散見されます、そういったページでは例外なくプロテイン飲料をかなり飲んでいるようですね、私も少し惹かれましたが自然のものであって自然のものではないというイメージが有るのです。

そして大量のタンパク質を摂取すると腎臓が悲鳴を上げるのではないかという心配があります、高齢に近づくに従って慢性腎不全の指標である「e-GFR」という値が低下してきます、私も何度かバッドマークが付きました、腎臓は自ら回復する臓器ではないので行き着く先は透析ということになってしまうのが怖いのです。

話を戻しますが、見た目の変化が自覚できるまで大体3ヶ月、他人が気づくようになるのに半年掛かるというのが本当のところのようです、ということはこのまま続ければ来年の夏は・・・。

だといいな。

豆乳を買う。

健康
11 /28 2019
天気:曇り

ジム通いをしていることはすでに書きました、そこでのトレーニングが終わったら帰宅してすぐにあるものを飲んでいます、それは豆乳です。

飲むタイミングにはある約束事があるのです、それは・・・。

甘いものと一緒に牛乳または豆乳を200mlを摂るというものです、理由は糖を摂取するとインスリンが分泌されるのは誰もが知っています、このインスリンが糖を様々な細胞に取り込ませる働きがあるのです。

同時にタンパク質も筋肉の中に取り込まれます、しかもこれが30分間という限られたものだということです、ですから1時間を経過してからでは食べた糖分は脂肪として蓄積されてしまうのです。

牛乳の方が良いのは分かっていますが私は男性に多い「乳糖不耐症」気味でもあるのです、若い頃は必ずお腹が痛くなりました、でもこの頃は痛くなることはありませんがゴロゴロと不快感が出てきます。

そこでその心配がまったくない豆乳を飲んでいるのです、はじめは200mlパックを買っていましたが、1000mlと比べたところとんでもない割高だとわかりました、そこで1000mlのものを買うようにしています。

おいしいとは言えませんがタンパク質の含有量が多い「無調整豆乳」を買うのですが先日は間違って「調製豆乳」を買ってしまいました。

そして先日また買いに行ったところいつも買っている「マルサンアイ」のものがバーゲンセールですっからかん、仕方なく隣にたくさんあった「キッコーマン」のものを買ってきました、ブランド品ですから高かったです。

ところがこれが飛んだ一杯食わせ者、「マルサンアイ」のは普通のスクリュー式のキャップを捻れば開封できます、でも「キッコーマン」のは注ぎ口がパッケージの腹にくっつけてあってそれを自分で取り付ける方式。

取り付け方がパッケージにあったのでそれを見て取り付けましたが、注ぐのがものすごくやりにくいのです、どれほどやりにくいかはお試しあれ、腹が立つこと間違いありません。

今日はいつものところで売り切れじゃ悲しいのでウォーキングの道すがらにあるドラッグストアで1,000ml*6が安かったので購入、ほぼ6kg、これを途中まで手に持って歩きましたがかなりの重さなのでリュックに突っ込みました。

そうして歩いているうちに右足のくるぶしが靴の縁に当たって痛くなりました、つまり体が沈んだのです、言い換えれば体重が6kg増えるとこんな感じなんだと。

まあ、急激に体重は増えません、少しずつ増えてそれに伴って筋力もついてきますから違和感は感じないと思いますけど。

血圧の話。

健康
11 /01 2019
天気:晴れ

通い始めたジムでIDを作るときに最初に血圧を測ります、それがなんと上が「156」!

こんな値は初めてのことです、その値を見て係のご婦人いわく「皆さんこの機械は高めに出ると言ってました」ということでIDを作れました。

その後トレーニングが終わったときに毎回測っています、それが、

2回目は「133」
3回目は「131」
4回目は「128」

そして5回目の昨日はなんとなんと「116」だったのです!

どこか漏れてるんじゃないのかと思いましたよ。

これで分かってきたこと、それはウォーキングだけではだめだということ、だって全身運動に見えますが実は使っている筋肉は一部に過ぎません。

対して筋肉トレーニングはそれこそ今まで使ってなかった筋肉を目覚めさせて活を入れるわけです、全てに血が巡り始めるわけですね。

それと健康診断での血圧測定と結果に関して気がついたこと、それは1年が525,600分(365日として)あります、そして血圧測定にかかる時間はわずか2分ほどです。

525,600分のうちのたった2分間だけの血圧が異常値だと健康診断の結果に「異常」と記載されてしまうのです、しかも名前を呼ばれて歩いて座った瞬間に測定が始まります、しかもこちらが言わなければ一度しか測りません。

最初は常に高めに出る人がいます、私がそうです、いわゆる「白衣高血圧」と言われるものです、だから2回は測るべきなんです、2回目は少し安静状態になってからですから必ず下がるのです。

医療機関がそれを無視しているのが現状です。

できれば両腕で測るべきではとも思います、歳を取るとあちこち詰り気味になりますからそれを見るべきですよね。

今日も筋トレだ。

健康
10 /28 2019
先週はいつも暇なのに定期点検で歯医者に行ったりとか月曜日が休館日だったりとか天気が悪いとかで1回しか行けませんでした。

で、今日は満を持して出かけました、秋晴れと言うにふさわしい好天もあって足取りも軽かったです。

今日の目標は腕の筋肉と大胸筋の鍛錬をメインに頑張ってきました、やはり筋肉の衰えを自覚することになるのですがそれでも今より衰えの進行を止めることはできます、そしてもちろん筋力アップも。

とはよく聞きますが実際はどうなのでしょうかね。

昨夜寝ていて気がついたことがあります、よくバンザイ状態で布団に入っているのですが左手の甲はいつも布団から浮いていました、でも両方とも手の甲が布団に着いていることに気がついたのです。

やはり体に負荷を掛けるということはとても必要なのかもしれませんね、つまり可動域が広がったんだろうなと思っています。

それと帰りはかなりの大股と速さで歩き続けることができたのが驚きでした、筋トレに限らずウォーキングだけでも帰りはお散歩ペースだったのです。

結構一生懸命筋トレをした帰りにそんな感じだったのでなんだか嬉しいな。

がっくり。

健康
10 /21 2019
今日はもジムに行くつもりで出かけたのですが着いたら何やら妙な雰囲気、入り口は車が入れないようにチェーンが張られていました。

いよいよ嫌な予感が募るままに入り口に着いたら「全館終日休館」の貼り紙が!!

10/20と10/26は何やらのイベントが有るのは貼り紙があったので知っていましたがトレーニングルームの入り口にはこの二枚だけしか貼られていませんでした、何度か確認して私には関係ないと思っていたのです。

帰りは異様に疲れました、まあ今まで毎日やっていたウォーキングにはなりましたが、気持ちは全く入りませんでした。

筋トレの話。

健康
10 /19 2019
もう10年以上になるでしょうか、腰痛があります、でも普段の活動には全く影響はありません、就寝して朝起きようとしたとき腰が痛くて起き上がれない、というような腰痛です、実は寝ている最中も痛くて横エビ状態で寝ていることがほとんどなのです。

腰を長時間反らした状態、つまりお腹を突き出した状態だとお腹の反対側の括れの辺りがうっ血してそれが痛みを帯びてくることがありますがそんな状態、要するに仰向けで寝ていても腰が天井側に上がっているということです。

これはしばらく前にTVでやっていましたが大腿四頭筋が硬いのが原因とのことでした、そこで大腿四頭筋のストレッチをウォーキングの途中に毎回やりだしたところかなり軽快しました。

理屈は固くなった大腿四頭筋に引っ張り続けられている腰骨が前傾し、寝ていてもそれが維持されてしまうのが原因とのこと。

かなり楽にはなったもののまだ少し腰の違和感が残っていましたがジムでの筋トレを始めて2回目を終わったところで痛みが殆どないことに気が付きました、おそらく筋トレによって体幹が少し強くなったのと血流が大幅に向上したせいなのでしょう、とトレーナーも言ってました。

それに気を良くして昨日頑張りすぎたのか今日腰が痛いです、最前のトレーナーが「頑張りすぎて調子を落とすことがあるんですよ」と言っているそばからこの体たらくです。

のんち

元カー・メカニック
Microsoft Office Master
最近、夜寝るときJAZZを聴きながら寝るのが好き。
ネコを飼いたい。
涙もろい、子供大好き、なぜかよく子供にジロジロ見られる。
落語家には2種類いる、古今亭志ん朝とそれ以外だ。
TV、特に地上波の民放は自分が馬鹿になりそうなので観ない。
もっと目方を増やしたい、人の価値は目方と声のでかさで決まる。
「恩は水に流し恨みは石に刻め」